さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年12月17日

ホテル・ルワンダ

2004年作成の映画です。
1994年に始まった ルワンダの大虐殺。
ホテルの支配人ルセサバギナの自伝(An Ordinary Man)が映画化。



ルワンダの大虐殺の本はたくさん読んでいるが、本の中で想像するより 眼で見る映画の方が緊迫感がありますね。
部族の確執があったにしても 隣人を殺し合うような殺戮が行われた事に驚きます。
つい最近あった現実の話なんですが、日本に住んでいると あり得ない話です。


個人で数名をかくまった話や 生き延びた人の話は聞きますが、これだけ多くの人を助けることが出来た人がいたなんて驚きです。
彼の 家族を思う気持ちと能力って凄い。


本を読んで感じていたことが、映画を見ることでハッキリしたことがあります。
何か益が無いと 西側の政治は動かないって事。
アメリカは直ぐ世界に介入するのに こんな酷い虐殺を止められなかったなんて・・・もちろん、自分を含めて豊かな国の人達は何をしているんでしょう。
とても残念に思います。
電話作戦は少し役に立ったようですが、ルワンダからいち早く出て行った各国の人達、特に報道陣・宗教団体は何をしていたのでしょう?
ローマ法王は何していたのでしょう?
日本の天皇陛下は何考えていたのでしょう?
ちょっと 外れちゃいました(@@;)

事件前は ほんとうに綺麗な国だったそうですよ。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(映画鑑賞)の記事
オペラ座 血の喝采
オペラ座 血の喝采(2016-06-06 14:54)

インサイドヘッド
インサイドヘッド(2016-05-28 09:16)

追憶の森
追憶の森(2016-05-20 22:03)

奇跡のシンフォニー
奇跡のシンフォニー(2016-05-05 17:35)

レヴェナント
レヴェナント(2016-04-28 09:47)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ホテル・ルワンダ
    コメント(0)