さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年07月04日

やさしい嘘と贈り物

2008年のアメリカ映画



謎も多い。



初めから 何か変だなぁって思っていたけれど、まさかの展開に驚き。
読める人には 読めちゃう映画なのかも知れませんね。

共同経営者にしては 随分年寄りだし、仕事しないで絵を描いているし・・・・
あ~息子さんだから、なんでも相談にのったりしたんだぁ。

奥さんが薬を流してしまい、慌てていたのも自分の薬じゃ無かった訳ね。
しかし、ここで疑問。
大切な薬・・・・
この薬を飲まなかったから 死んじゃった?
この薬を飲まなかったら 記憶が戻った?
私的に ここのところ、ハッキリさせて欲しかったんですが、映画の内容には問題ないか。

ひとり暮らしの可哀想なロバート爺さんに 春が来たような~幸せを演技する家族も大変だっただろうけれど、幸せだったと思うんです。
ダーリンがロバートみたいに成っちゃっても 私も同じようなことが出来たら幸せだわ~♪
しかし、私がロバートになっちゃうのは困るんだけど(笑)

良い映画だわ。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(映画鑑賞)の記事
オペラ座 血の喝采
オペラ座 血の喝采(2016-06-06 14:54)

インサイドヘッド
インサイドヘッド(2016-05-28 09:16)

追憶の森
追憶の森(2016-05-20 22:03)

奇跡のシンフォニー
奇跡のシンフォニー(2016-05-05 17:35)

レヴェナント
レヴェナント(2016-04-28 09:47)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
やさしい嘘と贈り物
    コメント(0)