さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年07月20日

ゾンビーノ

2006年カナダ映画




ゾンビコメディー(こんなジャンル有る?)

地球が放射能の雲に覆われた影響で死者がゾンビとして蘇り、人間との間で戦争が起きた。ゾムコン社はゾンビを沈静化させ人食の欲求を抑えさせる首輪を発明し、人々が安心して暮らせるようにした。ゾンビが人間に仕えるようになったのだ。ゾムコン社が作ったフェンスで囲まれた安全地帯以外はゾーンと呼ばれる。ゾーンには野生の危険なゾンビが今なお闊歩しており、死刑囚や反逆者はそこに追放される。事実上の死刑だ。

ウィラードという町に暮らしているティミー・ロビンソンはそんな社会にどうしても疑問を感じてしまい、周りから浮いてしまっていた。ティミーの母親、ヘレンは外面を気にする性格で、息子を心配してはいるが近所に噂される可能性を考え我慢をさせている。また彼女は周りの家庭が全員ゾンビを飼っている時代に我が家だけ居ないのは嫌だと思っていた。しかし、ティミーの父であり、ヘレンの夫であるビルは過去に自分の父がゾンビになった時に殺した経験があり、トラウマを持っているため飼おうとしない。

そんな時に、近所にゾムコン社の新しい警備主任ジョン・ボトムズと彼の妻子が引っ越してくる。周りとこれ以上差が付くことを恐れたヘレンはゾンビを飼う事に決める。ビルはゾンビに嫌悪感を抱くものの、ティミーは一見愚鈍なように見えるそのゾンビにイジメっ子に襲われている時に助けられ慕うようになる。 そして、ティミーは彼に「ファイド(Fido=信頼、忠実)」と名付ける。だが、ある日近所に住む老女ヘンダーソンの八つ当たりでファイドの首輪が壊され、ファイドはヘンダーソンを食い殺してしまう。 そこから静かにゾンビが増え始め…。



静かな街は ゾンビの恐怖におののく。
しかし、そのファンドはいい人で(ゾンビ)ある種、食欲もコントロールできるほどに成長する?
家族に愛されて、結局 お父さんよりゾンビが人気者になり、ジョンボトムズの職場でお父さんとジョンボトムズも死んじゃいます。
ジョンボトムズの娘が、父親に首輪をして元父のゾンビを連れ回すシーンがおかしい。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(映画鑑賞)の記事
オペラ座 血の喝采
オペラ座 血の喝采(2016-06-06 14:54)

インサイドヘッド
インサイドヘッド(2016-05-28 09:16)

追憶の森
追憶の森(2016-05-20 22:03)

奇跡のシンフォニー
奇跡のシンフォニー(2016-05-05 17:35)

レヴェナント
レヴェナント(2016-04-28 09:47)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゾンビーノ
    コメント(0)